がん治療を行う際の医療機関の選び方

がんと診断された病院で、そのまま治療に進むこともありますが、治療の方針について心配や不安があれば、率直に医師や看護師に伝えましょう。セカンドオピニオンを受けるのもいいでしょう。がん拠点病院は質の高いがん医療を行うための体制が整っています。どの病院を受診すればよいかわからないときは、全国にあるがん拠点病院の相談支援センターに問い合わせてみましょう。

病院によっては、がんの種別ごとの治療件数や生存率を公開しているところもあります。また、病院のランク付けをした書籍や雑誌の最新版も発行されています。ただ、これらのデータをそのまま判断することはすすめられません。がんの病期や治療法、合併症の影響など、様々な条件を考慮しないと、生存率が高い施設や上位ランクにある病院が、必ずしも自分の診療に適しているとは限らないからです。

がんの治療は比較的長期になることが多いので、通院や付き添いの便なども考慮して、本人や家族の負担がより少ない病院を選択することが大切です。以前は主に入院したうえで行なっていた治療法が、外来への通院だけで可能な場合も増えています。また、がん以外の持病、例えば脳卒中や心筋梗塞、高血圧、糖尿病などがある人は、がん専門病院よりも他科との連携がとれる総合病院の方が安心なこともあります。

治療の内容によっては、機能回復のためのリハビリテーションが必要なことがあります。このような場合には、医師、看護師に加えて理学療法士や作業療法士、言語聴覚士などによるサポートを受けることがあります。そのため、専門医だけでなく、コメディカル(医療関連従事者)のスタッフが充実している施設であるかどうかも、病院選びのポイントの一つとなります。

さらに、病院内にある相談支援センターや医療相談質などの窓口では、診断直後から退院後の生活まで、長期間にわたって様々な場面でサポートしてもらうことが考えられます。そのため、相談専用の部屋が整備されているか、スタッフは丁寧に対応してくれる科なども重要なファクターとなります。