健診と人間ドック(PET検診、がんドック等)の検査

日本では、労働安全衛生法という法律によって、事業主や医療保険者、自治体が定期的に健診(健康診断)を実施するように義務付けており、これによりすべての人が、無料もしくは一部自己負担で健診を受診できるようになっています。40歳未満のお勤めの方が受けるのが、一般健康診断(職域健診)で、定期健診や雇入時健診などが該当します。職場で受ける機会がない方は、地方自治体が実施している住民健診を受けます。

放射線の診断医

これらは身体計測や血液検査、尿検査、血圧測定など、短時間で簡単に行える基本的な項目ばかりで、生活習慣病のリスク要因となる肥満度、病気のあるなしを見つけ出す「スクリーニング検査」です。隠れている病気を確定診断することはできませんが、以上を占めてしている臓器を絞り込むことができるため、病気発見の手掛かりになるという点で有効です。

生活習慣病の元凶となるメタボリックシンドロームの早期発見・治療を目的として、40~74歳の被保険者を対象に1年に1回実施されているのが、特定健康診査・特定保健指導です。従来の「受けっぱなし」の検査と異なり、医師や看護師などによる保健指導がセットになっており、必要に応じて食事や運動についてのアドバイスを受けることができ、生活習慣の改善につなげようというものです。

一定の年齢の人を対象に、無料クーポンや健診手帳を配布し、がん検診、骨粗しょう症検査、肝炎ウイルス検査などを実施している自治体も増えています。自治体により実施項目や補助対象となる検診は異なりますので、お住いの市区町村のホームページでご確認ください。

任意型健診とは、個人の判断で自由に健康診断のことで、人間ドックがその代表です。基本検査に加えて、MRI(磁気共鳴画像)やMRA(磁気共鳴血管造影)、CT(コンピュータ断層撮影装置)、PET(陽電子放射断層撮影装置)などの画像診断装置を使用して、幅広く健康状態を調べます。検査項目は、日本人間ドック学会と日本総合健診医学会で基準が示されていますが、医療機関によってその内容は異なります。

人間ドックの種類は、臓器・部位別、性別によりコース分けがなされています。既に持病がある方、親や親せきにがんや脳卒中になった人がいる方、不規則な生活習慣を送っている方など、ご自身のリスクが高い病気がわかっている場合は、特定の病気を調べるためのオプション検査を追加することもできます。

がんドック
PETとCTを組み合わせたPET-CTや、腫瘍マーカー検査を中心として、がんの早期発見を目指すものです。PET検査は、がん細胞が活動する際に必要とするブドウ糖の量が多いという性質を利用した放射線検査で、1回の撮影で全身のがんを調べることができるため、患者の負担が少ない方法として注目されています。

脳ドック
頭部の断層を撮影するMRI検査をはじめ、頸動脈エコー、血液検査、血圧測定などを行うことで、症状のない脳梗塞、くも膜下出血を引き起こす未破裂脳動脈瘤、脳腫瘍、初期の認知症を早期発見、あるいはそのリスクを評価します。

心臓ドック
心エコー、心電図検査、心臓CT検査、胸部エックス線撮影などにより、心筋梗塞や狭心症などの心疾患を早期発見します。心電図は安静時だけでなく、運動で負荷がかかっている際の測定を行う負荷心電図、24時間記録するホルター心電図などを活用することで、潜在する病気も発見しやすくなります。

レディースドック
マンモグラフィー、乳腺エコー、膣分泌液の採取、甲状腺ホルモン検査などを行い、若い世代の女性にも増えている乳がん、子宮頸がん、甲状腺疾患(バセドウ病など)、骨粗しょう症などを調べます。

人間ドックに代表される任意型健診は、健康な人が自由意思で受診するものですので、基本的には健康保険は適用されず、全額自己負担となります。ただし、国民健康保険組合などで、人間ドックの一定補助を行っている場合もあります。